、西安サウナが合併しました。

「フープ…」

ボウルが鍋の上に少し傾いて、黒いジュースがすぐに鍋にこぼれて、トリプルスープと混ざりました。このシーンは、インクが池に落ちるようなもので、色がレンダリングされ、すぐにスープの鍋全体が暗くなっていて売れは「悪い」と評価でき、また悪臭があれば本当に完全な黒ずみです。

しかし、西安のサウナは気にしませんでした。

スープ?

これは、2番目のパスタ料理の外観を作成するためのキーではありません。

つまり、黒いスープはただの舞台幕であり、観客の目を引くために黒い幕を飾る方法は料理人のレベルに依存します。

実際、このペストリー料理は、それが究極の謎の鍵であろうと、「繊細」で「きれい」な外観であろうと、西安サウナに非常に食欲をそそります。いつ始まったのかはわかりませんが、彼は徐々に料理の価値を追求してきました。これは彼がこのレシピを購入するための重要な考慮事項です。

西安サウナは時間をつかみ、二番目の麺を準備します。

反対側。

ブーム!

ブーム!

秋山はすぐそばに急いで立ち寄り、脇を飛び跳ねてその場で飛び跳ね、台所の床に足を踏み入れたが、明らかに固く、床に鈍い音がした。

「地面に感じる!」

長い安心。秋山紅は身を乗り出し、地面にある箸を拾い、それを台所のカウンターに置き、最後に空のヌードルボウルをじっと見つめ、黄金のスープの残りの半分のボウルを見て、喉がわずかにぴくぴくとぴくぴく動いた。

まだ食べたい!

しかし、お腹がいっぱいの状態で何が起こっているのですか?

西安桑拿论坛 秋山の心のカオスは衰えずに強くなり、知識も豊富になり、嘔吐せざるを得なくなりました。

「フルボイス…」

「これは食べ物でしょ?」

秋山ヒロは理解できなかった。

いっぱい?食べ物の枝はありますか?

実際、Linシェフのグループはまた、非常に障壁が高く、あるレベルが他のレベルと大きく異なることはありません。昇進したばかりのLinシェフは、食べ物の最も深い意味、浅い、表面的な意味、いわゆるすべてのものの音に気づきました。

食材が自分の声を出すのは珍しいですか?

はい、それは非科学的です!

しかし、リンシェフはすでに人間ではありません。たとえ超音色の才能を持っていなくても、食材の音を聞いてコミュニケーションをとることができます。食材の音も強くて弱く、手に負えないファンタジーの食材やタブーの食材とのコミュニケーションを確立することも、ほとんどの林シェフにとって難しい問題です。

そして、浅い食の謎が上に行くと具体化していきます。

満足は一種の具体的な声です。

奇妙すぎる。

なぜそれがいっぱいですか?

秋山ヒロシは泣かずにはいられませんでしたし、料理人として、またレストラン経営者として、事前にレベルを上げて高級料理の意味を理解しても、満腹ではなくお腹がすいているはず!

食欲を刺激し、人差し指を動かし、食べ物をすぐに取り除き、次の料理の代金を早急に支払う前に、ダイナーとゲストが胃ポケットの空腹と空腹の音を聞いてみましょう。

これは通常の人間の考え方です。

Qiu Shanhongは眉をひそめ、長い間彼に会い、お互いを見つめました。

「あなたは何を見つけましたか?」

Zhexian Zuoweimenからの一対の雄大な目が彼を見つめていました。

口を開けたところ、説明の仕方が分からないことに気づいた秋山紅は、たまたまマスの赤ちゃんの顔に笑顔で向かい、何かを知っているかのように、大きな男の肩が震えた。Qiu Shanhongは驚いて、すぐに災害を東にもたらしました。

「あなたは彼に尋ねる」指。

フードクラブの会長であるマスは、群衆の中で急になりました。

Yi SehuiとErinaは彼のアイデンティティを漠然としか知りませんでした。

明るい面では、マスはオーランドインターナショナルカレッジの副学長でもあり、公式声明によると、彼は今回、太平洋を通ってネオンに到着し、調査と研究に来ました。

「咳!」

マスはこれ以上言いたくなく、手を振って、「あなたの議長、これはあなたが議長を務めたレビューであり、私たちは皆聞き手です。」というトピックを変更

しました。

だからみんなの目がまた向き直った。

「まずはパスタそのものの炊き方から。」

秋山ヒロシさんは、2本の指を静かに優しくあげ、「1本目は麺、1本め!」

「第2に、それはスープ、いわゆる、

麺の魂です!」「今見た麺、連続麺、この種の麺は、中国本土に旅行中に実際にたくさん食べましたが、あえて言うと、今回食べ