伊織は、前方の道が広くなり、目標を掲げていると感じ、次第に失望感を失い、微笑みながら「心配していません。主導権を握っています。地下で津村と吉崎を教えました。長い間、評価を低くすることはできません。評議会で足場を築き、自信を持って話をするのに役立ちます。」

「そしてあなた」西安サウナは、職場で最も信頼できるパートナーを見て、穏やかに笑いました。 「一人ではなかなかできない。頑張って頑張って応援してください。失敗しても頑張ります」

村上伊織は優しく真剣に見つめていた。 「私に聞いてはいけない、ちはら、ずっと応援してきました。昔から応援してきました。やりたいことは何でもやり続けます。」

二人の間の雰囲気はとても温西安夜网かく、志を同じくしている、西安サウナ感謝の気持ちを込めて頭を下げ、立ち上がって椅子の背にもたれかかり、「本当に首長の座を感じてみませんか?大丈夫です。将来の席になるかもしれません。事前に感じてください。」

村上伊織

「職場の上司と部下の関係はごちゃごちゃにしてはいけない。私は本当に座って欲しい。あなたがオフィスの頭になるまで待ってください!」西安サウナは残念ながら微笑んだそれは

「同情はするよ非常に快適に感じる。」村上伊織は。小さな黒いプロのスーツと逆三角形のエリートホワイトカラー労働者を身に着けている女性は柔らかく、職場でのハリ感がある。この巨大な机の後ろに座って非常に魅力的でなければなりません。この時代には珍しい光景でしたが、残念ながら彼女は座ることを拒否し、それを見ることができませんでした。

村上伊織はこれらの言葉への返答を拒否して立ち上がって言った、「じゃあ、部下に会いに行きましょう。私たちは十分に長く話しました。彼らは焦るでしょう。」

「どうして彼らは幸せなのか西安夜网论坛、聞いてください。」」

西安サウナは村上伊織に話をやめて慎重に耳を傾けるよう合図した。村上伊織は息を止めて注意深く耳を傾けた。案の定、壁の向こう側にある小さな会議室からあらゆる種類の笑い声が聞こえた。津村春樹と吉崎慎吾が酒を作っているのが聞こえますが、千原派が立ち上がって冷蔵庫から出ようとしているところです。みんな明るい未来があり、西安のサウナにコールドベンチに座っていませんでした。報酬は非常に高く、もちろん有頂天です。西安のサウナが利用できるかどうかに関係なく、とにかく、私が幸せなときにそれ